×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

NEWSPROFILEWORKSPICTUREDVDBLOGLINKYouTubeUSTREAMUBUKATAMAIL


やさしい人

yasashii hito





【2011年/84分】

監督/脚本:澁谷桂一
出演:安川まり/下野篤史/中西良介/紫乃/菅原風赴









あたし、バカなんよ・・・笑ってええよ



【STORY】

新興宗教の活動にいそしむ大学生・温彦と、彼に拾われ献身的に彼に尽くす少女・小鳥。
小鳥は温彦の宗教活動のため、売春をして金を稼いでいた。

世間からはじかれた人間たちを相手に、小鳥は金と引き換えに心を傷つけていく。
一方、温彦は信仰している宗教団体の歪んだ実態に気づき始めてしまう、、、。





【澁谷コメント】

高校生の頃に描いた「させ子の恋」っていう漫画があって。 しかも描きかけで、というか断片のようなものだったんだけど。 「させ子」を元に映画をつくろうと思ったときに、そして小鳥というキャラクターを思いついたときに、 当時別にそんな話したこともなかったクラスメートの安川まりしかいないと思った。ほとんど勘だ。
自分でこの映画を見ると己の不甲斐なさ、詰めの甘さ、技術のなさに愕然とするけど、 やはり安川の演技は異常なほど魅力的だ。
だから映画は不甲斐ないかもしれないが、オレの中に小鳥という女の子の姿はまだ強烈に残っている。 安川のなかに小鳥はまだいるのだろうか。いたところで別にアレだが、 彼女にとって小鳥がそういう存在であると嬉しい。

脚本に8ヶ月、編集に10ヶ月と、ずいぶん時間がかかっちゃった。関係者ごめんね。

Copyright (C) しずかちゃんフィルムズ. All Rights Reserved.